Jリーグがやるなら僕もやる

森づくり、廃食用油回収など水の取り組み


(photoAC)

5月15日は日本初のプロサッカーリーグ「Jリーグ」が開幕した日だ。あれから四半世紀が過ぎた。この間、一貫して地域密着型のクラブチーム作りを理念とし、福祉や教育などサッカー以外の面でも地元行政や商店などとの協働が進められてきた。

環境活動はその1つだ。J1クラブでは、スタジアムでのゴミの分別回収や試合後のゴミ拾い、地域の清掃活動への参加などはほとんどで行われている。

水に関係する取り組みとしては、北海道コンサドーレ札幌が2008年にスタートさせた「コンサ百年の森づくり」がある。台風で木々が倒された支笏湖周辺の国有林に、2年間で約8,000本を植樹したという。下流域の安全性確保や、川や海の豊かさの維持にもつながるだろう。

鹿島アントラーズは、家庭で使い終わった食用油を回収し、バイオディーゼル燃料(BDF)へと精製し、チームトラックの燃料として活用した。373世帯から集まった336リットルの廃油で、選手たちのユニフォームやスパイクなどの用具類が運ばれた。

食用油を台所から流すと排水管がつまったり、下水管の腐食を早める恐れがある。ウェスや新聞紙などに吸わせたり、固めたりして捨てるのもいいが、こうした取り組みがあれば選手たちを身近に感じられるという特典もついてくる。この取り組みは「第3回クールビズ・オブ・ザ・イヤー」(クールビズ推進協議会)の部門賞「クールビズ・アース2009」を受賞している。

湘南ベルマーレは、湘南海岸の美化活動を行う「LEADS TO THE OCEAN」を2015年に始めた。その後、セレッソ大阪、V・ファーレン長﨑、横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、J2の横浜FC、J3の福島ユナイテッドも加わり、それぞれの地域で活動が展開されている。

そのほかJ1各クラブのサイトを調査したところ、ジュビロ磐田の天竜川とその水源となる森を守る活動、名古屋グランパスの堀川浄化活動などがある。

J2クラブではあるが、FC町田ゼルビアのマスコット・ゼルビーは水に関して勉強意識が高い。2017年に都内で開かれた「下水道展」という展示会を訪問し、パートナー企業である管清工業のブースで下水管のメンテナンス技術を学んだ。国内の多くの下水管が老朽化して道路陥没につながる事例もあるが、地下に埋まっているのでなかなか国民レベルで危機感を共有できていない。ゼルビーを介して関心が高まることに期待したい。

以前に清水エスパルスのサポーターにエコ活動への取り組み意欲を聞いた際、「エスパルスがやるなら僕もやる」と答えていたことを思い出す。クラブや選手がまずやって見せることが、多くのサポーターやファンを動かす強い力になる。次の四半世紀に向け、Jリーグの各クラブチームと水の関係が深化し、一人一人の行動につながっていくことを願う。

J1クラブのそのほかの特徴的な環境活動をまとめておく。

(MizuDesign編集長:奥田早希子)

関連記事