賞味・消費期限が近い食品購入でdポイント付与

NTTドコモ、アプリで食品ロス削減の実証

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、東京都環境局資源循環推進部計画課が公募した「持続可能な資源利用に向けたモデル事業」の一環として、1月19日から2月28日までの41日間、東京都中央区の「miniピアゴ入船1丁目店」において、スマートフォンアプリを活用し、賞味期限・消費期限が近くなった食品を購入した消費者にポイント(dポイントなど※1)を付与することによって、食品ロスを減らす仕組みである「EcoBuy」の有効性について実証実験を行う。

世界では年間13億トンもの食品が食べられることなく捨てられている。日本においては、全国で年間621万トンの食品ロスが発生している。

食品ロスの削減のためには、可燃ごみ中で大きな比率を占める食品廃棄物の発生抑制が不可欠。今回のモデル事業では、この課題に対して、スマートフォンアプリを活用し、賞味期限・消費期限が近い食品を購入した消費者にポイント(dポイントなど)を付与することによって、食品ロスを減らす仕組みの有効性の検証を行う。

本実証実験では、消費者が賞味期限・消費期限の近くなった食品を積極的に購入することで、店舗から定価の約20%相当のポイントを付与する。食品ロス問題について消費者の意識向上を図り、また廃棄量の削減を促すことによって、食品ロス問題の継続的な解決を支援する。

リリースはこちら

関連記事